タグ別アーカイブ: 30代

自律神経失調症が急速に悪化(30代女性)

●年齢・性別

30代女性

●受けた時期

2008年

●受けた病院

都内大手クリニック

●症状

手術前に視力1.0でお願いしますと依頼したにもかかわらず、術中に医師が1.5の視力を薦めてきました。

術後、景色がデジタル放送みたいにくっきりして、目がギンギンに。視力を調べたら両目とも2.0以上ある。

見えすぎて目眩が凄くて、後頭部がズキンズキン痛み、一ヵ月後には、気持ちが悪いなと思ったら電車のなかで失神してしまいました。

眼球がいつも揺れている感じで、座っていても体に震えが出てしまいます。目を動かすと『ボリッ』と音がすることも。今は脈が弱くなっていて、安静にしていなければならなくなってしまいました。

どうやら、視力障害による眼精疲労が蓄積し、自律神経失調症が急速に悪化してしまったようです。

吐き気と頭痛のため救急車で運ばれた(30代男性)

●年齢・性別

30代男性

●受けた時期

2009年

●受けた病院

不明

●症状

5年前に初めて手術を受けた際、最初は手術結果に満足していました。
しかし、ハロやグレアの症状が強く、半年後に同じクリニックで手術をしました。

ところが、その3日後から体調が悪くなり、ものが二重三重に見えるようになりました。
吐き気と頭痛のため、救急車で運ばれたこともあります。
また、意識しないと右目が内側に向いてしまう、斜視にも見舞われています。
病院側に対応を求めても「精神状態が悪かったから」と突っぱねられ、様々な病院を渡り歩くレーシック難民になってしまいました。

現在、仕事は退職し、ほとんど外出もできません。

訴訟に協力してくれる医者も見つかったのですが、医療過誤訴訟は費用が高くまだ訴訟を起こすことはできていません。

目の奥をつかまれているような痛みがずっと続く(30代女性)

●年齢・性別

30代女性

●受けた時期

2007年

●受けた病院

不明

●症状

手術を受けてから、6年経ったいまでも、眼の奥を掴まれているような痛みがずっと続いています。

1日に何十回と目薬を差していますが、まったく改善しません。

病院側に対応を求めたものの拒まれたため、現在は訴訟の準備をしています。

老眼鏡やサングラスが常に必要です(30代女性)

●年齢・性別

30代女性

●受けた時期

2008年

●受けた病院

都内の大手クリニック

●症状

手術を受けて一年半経ちますが本も読めませんし、爪も見えません。
携帯電話は老人用の文字の大きいものを使用。
老眼鏡やサングラスが常に必要な生活です。

以上のように、身体的、生活の障害が一向に改善しません。

病院に相談しても「様子を見ましょう」「他に行ってくれ」と言われるだけです。

一時期は老眼鏡生活でした(30代男性)

●年齢・性別

30代男性

●受けた時期

2007年

●受けた病院

不明

●症状

手術を受けた翌日の時点では、白い靄がかかったような感じで、特に近くと暗いところが見えにくく、外の明るいところのみが若干よく見えるかなという程度でした。

その後一週間経っても、近くが全然見えず、病院でそう言うと老眼鏡をかけるよう言われました。老眼鏡をかけると両目とも1.5に。
医者が言うに、目の焦点が合っているところがズレており、徐々に治っていくということらしいが…..はっきり言ってこれは失敗ですよね。

しかも病院の対応がひどく、こんなひどい状況なのに、時間が経てば良くなるの一点張り。病院選定をミスったと後悔しました。

そして、しばらく老眼鏡生活を送っていたのですが、確かに徐々に近くも見えるようになり、2ヶ月ほど経ったところで老眼鏡を手放すことができました。

老眼鏡のせいなのかどうかはわかりませんが視力は0.8ほどまで落ちました。
最悪の事態は免れましたが、とんだ迷惑な話です。