タグ別アーカイブ: 頭痛

自律神経失調症が急速に悪化(30代女性)

●年齢・性別

30代女性

●受けた時期

2008年

●受けた病院

都内大手クリニック

●症状

手術前に視力1.0でお願いしますと依頼したにもかかわらず、術中に医師が1.5の視力を薦めてきました。

術後、景色がデジタル放送みたいにくっきりして、目がギンギンに。視力を調べたら両目とも2.0以上ある。

見えすぎて目眩が凄くて、後頭部がズキンズキン痛み、一ヵ月後には、気持ちが悪いなと思ったら電車のなかで失神してしまいました。

眼球がいつも揺れている感じで、座っていても体に震えが出てしまいます。目を動かすと『ボリッ』と音がすることも。今は脈が弱くなっていて、安静にしていなければならなくなってしまいました。

どうやら、視力障害による眼精疲労が蓄積し、自律神経失調症が急速に悪化してしまったようです。

苦しいときはひたすら目をつぶって我慢する生活(20代男性)

●年齢・性別

20代男性

●受けた時期

2008年

●受けた病院

都内大手クリニック

●症状

術後、すぐにドライアイの症状を感じました。
半年ぐらい経っても頭痛もガンガンする。
とにかく目が疲れて、読書やテレビを見るのも辛くなりました。

これらの症状をクリニックに訴えたものの、「手術は成功しています。様子を見ましょう」「近くの眼科に行かれたらどうですか」と言われ、相手にしてもらえませんでした。

いくつかの他の病院でも診察を受けました。
大学病院では不正乱視と指摘され、不正乱視を矯正するレーシック手術を受けたのですが、それは誤った手術だったらしくて、無駄に手術を受けてしまいました。

その後、別の眼科で遠視矯正のレーシックを受けました。
最初のレーシックと合わせて三回手術をしています。

いまだに目に異常な乾きがあり、目薬を二日で一本使いきってしまいます。それでもすぐに染みるような痛みを感じてしまい、苦しいときはひたすら目を瞑って我慢する生活です。

頭痛もひどく、学校に通っても講義に集中できない。
体力的にも限界で、学校を辞めて治療に専念しようかと考えています。

吐き気と頭痛のため救急車で運ばれた(30代男性)

●年齢・性別

30代男性

●受けた時期

2009年

●受けた病院

不明

●症状

5年前に初めて手術を受けた際、最初は手術結果に満足していました。
しかし、ハロやグレアの症状が強く、半年後に同じクリニックで手術をしました。

ところが、その3日後から体調が悪くなり、ものが二重三重に見えるようになりました。
吐き気と頭痛のため、救急車で運ばれたこともあります。
また、意識しないと右目が内側に向いてしまう、斜視にも見舞われています。
病院側に対応を求めても「精神状態が悪かったから」と突っぱねられ、様々な病院を渡り歩くレーシック難民になってしまいました。

現在、仕事は退職し、ほとんど外出もできません。

訴訟に協力してくれる医者も見つかったのですが、医療過誤訴訟は費用が高くまだ訴訟を起こすことはできていません。