タグ別アーカイブ: 老眼鏡

老眼鏡やサングラスが常に必要です(30代女性)

●年齢・性別

30代女性

●受けた時期

2008年

●受けた病院

都内の大手クリニック

●症状

手術を受けて一年半経ちますが本も読めませんし、爪も見えません。
携帯電話は老人用の文字の大きいものを使用。
老眼鏡やサングラスが常に必要な生活です。

以上のように、身体的、生活の障害が一向に改善しません。

病院に相談しても「様子を見ましょう」「他に行ってくれ」と言われるだけです。

一時期は老眼鏡生活でした(30代男性)

●年齢・性別

30代男性

●受けた時期

2007年

●受けた病院

不明

●症状

手術を受けた翌日の時点では、白い靄がかかったような感じで、特に近くと暗いところが見えにくく、外の明るいところのみが若干よく見えるかなという程度でした。

その後一週間経っても、近くが全然見えず、病院でそう言うと老眼鏡をかけるよう言われました。老眼鏡をかけると両目とも1.5に。
医者が言うに、目の焦点が合っているところがズレており、徐々に治っていくということらしいが…..はっきり言ってこれは失敗ですよね。

しかも病院の対応がひどく、こんなひどい状況なのに、時間が経てば良くなるの一点張り。病院選定をミスったと後悔しました。

そして、しばらく老眼鏡生活を送っていたのですが、確かに徐々に近くも見えるようになり、2ヶ月ほど経ったところで老眼鏡を手放すことができました。

老眼鏡のせいなのかどうかはわかりませんが視力は0.8ほどまで落ちました。
最悪の事態は免れましたが、とんだ迷惑な話です。