タグ別アーカイブ: 女性

自律神経失調症が急速に悪化(30代女性)

●年齢・性別

30代女性

●受けた時期

2008年

●受けた病院

都内大手クリニック

●症状

手術前に視力1.0でお願いしますと依頼したにもかかわらず、術中に医師が1.5の視力を薦めてきました。

術後、景色がデジタル放送みたいにくっきりして、目がギンギンに。視力を調べたら両目とも2.0以上ある。

見えすぎて目眩が凄くて、後頭部がズキンズキン痛み、一ヵ月後には、気持ちが悪いなと思ったら電車のなかで失神してしまいました。

眼球がいつも揺れている感じで、座っていても体に震えが出てしまいます。目を動かすと『ボリッ』と音がすることも。今は脈が弱くなっていて、安静にしていなければならなくなってしまいました。

どうやら、視力障害による眼精疲労が蓄積し、自律神経失調症が急速に悪化してしまったようです。

遠視用のコンタクトレンズをしています(20代女性)

●年齢・性別

20代女性

●受けた時期

2008年

●受けた病院

都内大手クリニック

●症状

手術の後は「遠くが見える!」と嬉しくなりました。
でも手元を見ると視界がボケていてチカチカする。
一ヵ月たっても治らないし、背中も痛くなってくる。

クリニックの医師に相談すると「手術は大成功です。あなたの目の奥に問題があります」と言われ怖くなりました。

何かおかしいと思って、大学病院で診察を受けると、「レーシックによる遠視」と診断されました。

現在は遠視用のコンタクトレンズを使用しているものの、手術前はなかった乱視の症状が出始め、目は見えにくくなるばかりです。

肩こりがひどく遠視用の眼鏡をかけています(20代女性)

●年齢・性別

20代女性

●受けた時期

2007年

●受けた病院

都内大手クリニック

●症状

術後すぐに違和感があり、手元が全く見えませんでした。
パソコンも画面が眩しくてほとんどできない。
クリニックの医師に相談しても「様子を見ましょう」と言われるだけでした。

症状は何ヶ月経っても変わることがなく、大学病院で診察したところ「調節緊張」と診断されました。

手術の結果、近視から遠視になっていて、無理に遠視の状態に合わせようとするために視力を調整する眼筋に大きな負担がかかっていたようです。
大学病院からは調節緊張をとるために遠視用眼鏡を処方されました。

一年ぐらいすると肩こりや背中の痛みもひどくなってきました。
ドライアイもひどく、ときに目が開けられないほど染みる症状が出ます。
仕事も辞めざるをえませんでした。

目の奥をつかまれているような痛みがずっと続く(30代女性)

●年齢・性別

30代女性

●受けた時期

2007年

●受けた病院

不明

●症状

手術を受けてから、6年経ったいまでも、眼の奥を掴まれているような痛みがずっと続いています。

1日に何十回と目薬を差していますが、まったく改善しません。

病院側に対応を求めたものの拒まれたため、現在は訴訟の準備をしています。

角膜ヘルペスになり視力ガタ落ち(40代女性)

●年齢・性別

40代女性

●受けた時期

2010年

●受けた病院

不明

●症状

術後、黒目に白斑が出ました。
タマネギを目にこすりつけられるような痛みも続きました。
医者に相談しても、「大丈夫」「違和感は当然」ととりあってもらえませんでした。

一旦は視力が回復したものの、1ヶ月経ったころから右目の視力がどんどん下がり、2ヶ月後には目の前のものでさえ判別できないほどの状態になりました。

視界が真っ白で異様にまぶしく、吐き気や眩暈を感じるようになったのです。

検診の結果、角膜ヘルペスと診断されました。
本来、角膜ヘルペスは1週間もかからず治る病気ですが、わたしは手遅れの状態だったようです。

その後、別の病院を紹介してもらい治療を受けましたが、視力はあまり回復していません。

光がまぶしくてパソコンの前に5分と座っていることができません。
会社では頻繁にトイレで吐きました。

会社を辞め、今は暗い部屋で布団をかぶってなんとか生活しています。
病院側は「不可抗力だった」というばかりで、きちんと罪を認めません。

手術費のうち半額ほどは返金されましたが、生活は戻ってきません。