タグ別アーカイブ: 吐き気

吐き気と頭痛のため救急車で運ばれた(30代男性)

●年齢・性別

30代男性

●受けた時期

2009年

●受けた病院

不明

●症状

5年前に初めて手術を受けた際、最初は手術結果に満足していました。
しかし、ハロやグレアの症状が強く、半年後に同じクリニックで手術をしました。

ところが、その3日後から体調が悪くなり、ものが二重三重に見えるようになりました。
吐き気と頭痛のため、救急車で運ばれたこともあります。
また、意識しないと右目が内側に向いてしまう、斜視にも見舞われています。
病院側に対応を求めても「精神状態が悪かったから」と突っぱねられ、様々な病院を渡り歩くレーシック難民になってしまいました。

現在、仕事は退職し、ほとんど外出もできません。

訴訟に協力してくれる医者も見つかったのですが、医療過誤訴訟は費用が高くまだ訴訟を起こすことはできていません。

角膜ヘルペスになり視力ガタ落ち(40代女性)

●年齢・性別

40代女性

●受けた時期

2010年

●受けた病院

不明

●症状

術後、黒目に白斑が出ました。
タマネギを目にこすりつけられるような痛みも続きました。
医者に相談しても、「大丈夫」「違和感は当然」ととりあってもらえませんでした。

一旦は視力が回復したものの、1ヶ月経ったころから右目の視力がどんどん下がり、2ヶ月後には目の前のものでさえ判別できないほどの状態になりました。

視界が真っ白で異様にまぶしく、吐き気や眩暈を感じるようになったのです。

検診の結果、角膜ヘルペスと診断されました。
本来、角膜ヘルペスは1週間もかからず治る病気ですが、わたしは手遅れの状態だったようです。

その後、別の病院を紹介してもらい治療を受けましたが、視力はあまり回復していません。

光がまぶしくてパソコンの前に5分と座っていることができません。
会社では頻繁にトイレで吐きました。

会社を辞め、今は暗い部屋で布団をかぶってなんとか生活しています。
病院側は「不可抗力だった」というばかりで、きちんと罪を認めません。

手術費のうち半額ほどは返金されましたが、生活は戻ってきません。

電車で失神したこともあります

●年齢・性別

20代男性

●受けた時期

2008年

●受けた病院

都内の大手クリニック

●症状

レーシックを受けたせいで人生が狂いました。
健康を失い、仕事も失いました。
こんなことになるなんて誰も教えてくれませんでした。

手術後、光がギラギラ眩しく見えるようになり、視界全体がオレンジ色がかったような感じに見えるようになりました。

心臓がドキドキし、気持ちが悪くなり吐き気が続く時期もありました。
電車の中で失神したことさえあります。

とても働けるような状態ではなく仕事も辞めることになってしまいました。
 
その後、再手術を繰り返し、病院を転々としましたが有効な治療は見つけられていません。

強度の近視で眼鏡を手放せると思いレーシックをしたのですが、今は逆に遠視用眼鏡をかけています。

後遺症の治療のための費用は百万円を超えています。
今はお金がなくなってしまい、治療もできない。外に出るのが辛いので家に籠りニートのような生活をしています。

手術を受けた翌日から地獄でした(30代女性)

●年齢・性別

30代女性

●受けた時期

2009年

●受けた病院

都内の大手クリニック

●症状

「人生が変わるよ」と友人に勧められて、レーシック手術を受けたものの、現在はそのことを深く後悔しています。

手術を受けた翌日から地獄でした。

まず、鏡で自分の顔が見えません。
近くに目の焦点があわないのです。

視界に白い靄がかかっているような状態です。
歩いてもフラフラするし、パソコンの画面を見ると気持ちが悪くなるので仕事も休みがちになってしまいました。

受けた病院には何度も「目がおかしい」と言いに通院しました。
でも、「あなたは2.0の視力が出ている。四十倍の視力になったのですから、慣れるまで様子を見てください」と言われるだけです。