タグ別アーカイブ: ハロ

吐き気と頭痛のため救急車で運ばれた(30代男性)

●年齢・性別

30代男性

●受けた時期

2009年

●受けた病院

不明

●症状

5年前に初めて手術を受けた際、最初は手術結果に満足していました。
しかし、ハロやグレアの症状が強く、半年後に同じクリニックで手術をしました。

ところが、その3日後から体調が悪くなり、ものが二重三重に見えるようになりました。
吐き気と頭痛のため、救急車で運ばれたこともあります。
また、意識しないと右目が内側に向いてしまう、斜視にも見舞われています。
病院側に対応を求めても「精神状態が悪かったから」と突っぱねられ、様々な病院を渡り歩くレーシック難民になってしまいました。

現在、仕事は退職し、ほとんど外出もできません。

訴訟に協力してくれる医者も見つかったのですが、医療過誤訴訟は費用が高くまだ訴訟を起こすことはできていません。