一時期は老眼鏡生活でした(30代男性)

●年齢・性別

30代男性

●受けた時期

2007年

●受けた病院

不明

●症状

手術を受けた翌日の時点では、白い靄がかかったような感じで、特に近くと暗いところが見えにくく、外の明るいところのみが若干よく見えるかなという程度でした。

その後一週間経っても、近くが全然見えず、病院でそう言うと老眼鏡をかけるよう言われました。老眼鏡をかけると両目とも1.5に。
医者が言うに、目の焦点が合っているところがズレており、徐々に治っていくということらしいが…..はっきり言ってこれは失敗ですよね。

しかも病院の対応がひどく、こんなひどい状況なのに、時間が経てば良くなるの一点張り。病院選定をミスったと後悔しました。

そして、しばらく老眼鏡生活を送っていたのですが、確かに徐々に近くも見えるようになり、2ヶ月ほど経ったところで老眼鏡を手放すことができました。

老眼鏡のせいなのかどうかはわかりませんが視力は0.8ほどまで落ちました。
最悪の事態は免れましたが、とんだ迷惑な話です。

電車で失神したこともあります

●年齢・性別

20代男性

●受けた時期

2008年

●受けた病院

都内の大手クリニック

●症状

レーシックを受けたせいで人生が狂いました。
健康を失い、仕事も失いました。
こんなことになるなんて誰も教えてくれませんでした。

手術後、光がギラギラ眩しく見えるようになり、視界全体がオレンジ色がかったような感じに見えるようになりました。

心臓がドキドキし、気持ちが悪くなり吐き気が続く時期もありました。
電車の中で失神したことさえあります。

とても働けるような状態ではなく仕事も辞めることになってしまいました。
 
その後、再手術を繰り返し、病院を転々としましたが有効な治療は見つけられていません。

強度の近視で眼鏡を手放せると思いレーシックをしたのですが、今は逆に遠視用眼鏡をかけています。

後遺症の治療のための費用は百万円を超えています。
今はお金がなくなってしまい、治療もできない。外に出るのが辛いので家に籠りニートのような生活をしています。

手術を受けた翌日から地獄でした(30代女性)

●年齢・性別

30代女性

●受けた時期

2009年

●受けた病院

都内の大手クリニック

●症状

「人生が変わるよ」と友人に勧められて、レーシック手術を受けたものの、現在はそのことを深く後悔しています。

手術を受けた翌日から地獄でした。

まず、鏡で自分の顔が見えません。
近くに目の焦点があわないのです。

視界に白い靄がかかっているような状態です。
歩いてもフラフラするし、パソコンの画面を見ると気持ちが悪くなるので仕事も休みがちになってしまいました。

受けた病院には何度も「目がおかしい」と言いに通院しました。
でも、「あなたは2.0の視力が出ている。四十倍の視力になったのですから、慣れるまで様子を見てください」と言われるだけです。