カテゴリー別アーカイブ: 中度の失敗談

遠視用のコンタクトレンズをしています(20代女性)

●年齢・性別

20代女性

●受けた時期

2008年

●受けた病院

都内大手クリニック

●症状

手術の後は「遠くが見える!」と嬉しくなりました。
でも手元を見ると視界がボケていてチカチカする。
一ヵ月たっても治らないし、背中も痛くなってくる。

クリニックの医師に相談すると「手術は大成功です。あなたの目の奥に問題があります」と言われ怖くなりました。

何かおかしいと思って、大学病院で診察を受けると、「レーシックによる遠視」と診断されました。

現在は遠視用のコンタクトレンズを使用しているものの、手術前はなかった乱視の症状が出始め、目は見えにくくなるばかりです。

目の奥をつかまれているような痛みがずっと続く(30代女性)

●年齢・性別

30代女性

●受けた時期

2007年

●受けた病院

不明

●症状

手術を受けてから、6年経ったいまでも、眼の奥を掴まれているような痛みがずっと続いています。

1日に何十回と目薬を差していますが、まったく改善しません。

病院側に対応を求めたものの拒まれたため、現在は訴訟の準備をしています。

1日のうちで視力が0.5~1.2と変動する(40代男性)

●年齢・性別

40代男性

●受けた時期

2009年

●受けた病院

大阪の大手クリニック

●症状

不正乱視になってしまい一日のうちで視力が0.5~1.2と変動するのです。
時にはまばたきしただけで視力が落ちてしまうこともあります。

診察の医師に不調を訴えましたが、「年のせいだ」と決め付けられました。

また、ずっと自分の症状を見てくれる担当医はいません。
診療の医師は毎日違い、一度診てもらった医師といつ会えるかもわからない始末です。

老眼鏡やサングラスが常に必要です(30代女性)

●年齢・性別

30代女性

●受けた時期

2008年

●受けた病院

都内の大手クリニック

●症状

手術を受けて一年半経ちますが本も読めませんし、爪も見えません。
携帯電話は老人用の文字の大きいものを使用。
老眼鏡やサングラスが常に必要な生活です。

以上のように、身体的、生活の障害が一向に改善しません。

病院に相談しても「様子を見ましょう」「他に行ってくれ」と言われるだけです。