電車で失神したこともあります

●年齢・性別

20代男性

●受けた時期

2008年

●受けた病院

都内の大手クリニック

●症状

レーシックを受けたせいで人生が狂いました。
健康を失い、仕事も失いました。
こんなことになるなんて誰も教えてくれませんでした。

手術後、光がギラギラ眩しく見えるようになり、視界全体がオレンジ色がかったような感じに見えるようになりました。

心臓がドキドキし、気持ちが悪くなり吐き気が続く時期もありました。
電車の中で失神したことさえあります。

とても働けるような状態ではなく仕事も辞めることになってしまいました。
 
その後、再手術を繰り返し、病院を転々としましたが有効な治療は見つけられていません。

強度の近視で眼鏡を手放せると思いレーシックをしたのですが、今は逆に遠視用眼鏡をかけています。

後遺症の治療のための費用は百万円を超えています。
今はお金がなくなってしまい、治療もできない。外に出るのが辛いので家に籠りニートのような生活をしています。