老眼鏡やサングラスが常に必要です(30代女性)

●年齢・性別

30代女性

●受けた時期

2008年

●受けた病院

都内の大手クリニック

●症状

手術を受けて一年半経ちますが本も読めませんし、爪も見えません。
携帯電話は老人用の文字の大きいものを使用。
老眼鏡やサングラスが常に必要な生活です。

以上のように、身体的、生活の障害が一向に改善しません。

病院に相談しても「様子を見ましょう」「他に行ってくれ」と言われるだけです。